行政書士の合格率

行政書士の難易度と変化してきた合格率

法律系の資格試験の中もで、行政書士の資格試験は比較的難易度の試験だと言われてきました。
もともと受験者数もさほど多くもなかったこともありますし、受験なしで資格がもらえる手段もあり、
さほど注目を浴びることもなかったということもあります。
近年になって、景気も低調に進み続け、雇用の不安などからも、
独立系資格の人気は高まり、旧態依然とした試験システムの中で、
多くの士業資格者を排出しました。
ですが、限られた市場の中で、現状と合わない試験システムと、多くの資格者の存在は、
やがて士業の資格があっても能力が追いつけなかったり、
お互いで市場の取り合いになり結果的に首を絞めることとなりました。

 

そこで、行政書士も試験内容が改正され、
以前のような形ではなく、もっと深い知識まで問うような試験に変化してきています。
当然、試験難易度が上がったわけですから、
合格率も常に10%を超えるような試験ではなくなり、
厳しい歳では2%程度の合格率になっているわけです。
中には、大学の記念受験などとして受ける方もいますし、
会社の業務命令として受験する人もいます。
そういったことから、発表されている合格率がすべて正しいわけではありませんが、
今の行政書士の試験は、とても合格率の低い試験へと変貌したと言えるのです。


行政書士の合格率を理解し、試験に挑戦し、
将来的に行政書士になれたら、最終的には独立開業すると思います。
以下のサイトで独立する場合の注意点や現状などについて書かれております。
→行政書士になり、独立開業を考えているあなたへ